Dapps(分散型アプリケーション) ブロックチェーン時代の非中央集権型アプリとは?

世界的な規制により、いまいち盛り上がりに欠ける仮想通貨市場。

ですが、仮想通貨の土台となるブロックチェーン技術は、その応用性の高さから
今では仮想通貨への投資以上に期待が高まっています。

分散型台帳技術とも呼ばれるブロックチェーンは、ネットワークの参加者全員に取引が見張られることによって、データの改竄を出来なくし、取引の信頼性が高めることの出来る技術です。

これまでは信頼のおけるサービス提供者がいなければ、ネット上で安全に金銭の取引が出来ませんでしたが、ブロックチェーンによってこれが出来るようになりました。

仮想通貨もこのブロックチェーンの技術が使われているために、ネット上で取引が出来るというわけですね。

では、このブログのテーマの一つともなっているDappsでは、どのようにブロックチェーンの技術が使われているのか。そもそもDappsとは何なのか。

この記事では、そんなDappsについて順を追ってご説明していきます。

Dappsって何?

「Decentralized Applications」

この名称を省略したものが、Dappsです。

Dappsがこれまでのアプリケーションとの違う点は、Dappsが非中央集権型アプリケーションだということです。

これまでの中央管理型のアプリケーションでは、アプリを運営する中央管理者が存在していました。

ですがDappsには中央管理者が存在せず、参加者全員でアプリケーションを運営していくことになります。

Dappsの定義とは?

では、具体的にDappsにどんなアプリケーションが当て嵌まるのでしょうか。

現状、Dappsとして定義されるのは以下の3つの要件を満たしたアプリなります。

Dappsの定義

(1)アプリケーションがオープンソースであること

 アプリケーションがオープンソースであり、中央のコントロール主体がなく、オペレーションが自動である必要があります。また、トークン、データ、レコードなどが、暗号化され分散化されたブロックチェーンを利用している必要もあります。


(2)トークンを利用している。

 アプリケーションには流通可能なトークンが使用されていること。
 アプリケーション利用の際に手数料としてトークンでの支払いを行うこと。
 Dappsの参加者には報酬としてトークンが支払われることが当て嵌まります。


(3)ユーザー全員による運営

 Dappsでは中央管理者が存在しないため、参加者の意見が直接的にアプリケーションの改善をしていきます。
 この改善は、参加者全員の合意によって行われます。



この3つの定義を満たしたものがDappsに分類されます。
なんとこの定義で言えば、ビットコインやモナコインといった仮想通貨も、Dappsに分類さているんです。

定義上は仮想通貨も分散型アプリケーションの1種というわけですね。

Dappsのメリット・デメリット

では、これまでの中央集権型のアプリから分散型のアプリへと変わることで、どんなメリットがあるのでしょうか。
デメリットも含めてご説明します。

メリット

Dappsの何よりのメリットは、非中央集権型のアプリケーションだということです。

非中央集権性の運営になることで、中央集権型のアプリケーションに内在していたデメリットから解放されることになります。

これによるメリットの1つ目は中央管理者の存在が消えることです。

アプリケーションは自動でオペレーションされるため、運営の都合によるアプリ料金の変更といったリスクが消えることになります。

2つ目のメリットは、ユーザー全員の合意のもとで運営が行われている点です。

Dappsには中央管理者が存在せず、アプリケーションの運営は参加者全員の合意のもとによって行われます。

これにより、アクセス集中によるサーバーダウンのリスクが消え、今まで以上にユーザーの望む形でアプリケーションの改善を行うことが出来るようになります。

デメリット

ここまで聞くとDapps最高じゃん、となりますが、Dappsはまだ発展途上のアプリケーション。

現状、まだ改善出来ていないデメリットがDappsには存在します。

問題点の1つは、スケーラビリティ問題です。
仮想通貨をかじったことのある方なら一度は耳にしたことがあるかもしれません、

スケーラビリティ問題とは、簡単に言えば仮想通貨版の交通渋滞です。

仮想通貨を利用するユーザーが増えたことで、取引の際のデータ量も増大しています。

ブロックチェーンのブロックサイズやブロックの生成速度は決められており、その閾値を越えてしまったために、送金遅延、手数料増加、処理速度の低下といった問題が発生するようになっています。

Dapps開発の代表的なプラットフォームであるEthereum(イーサリアム)もこのスケーラビリティ問題により、送金遅延や手数料増加などの問題が発生しています。

現在、Ethereum(イーサリアム)はスケーラビリティ問題の解決に取り組んでいます。

Ethereum(イーサリアム)上で開発されるDappsはとても多く、アプリ内での決済は仮想通貨ETHによって支払われることもあります。

スケーラビリティ問題はこの支払い時の手数料が増加する原因となっているので、出来るだけ早い解決が望ましいですね。

次の問題は、単純にDappsを開発出来るエンジニアが少ないことです。
まだ黎明期の技術ですからね。これは仕方ありません。
Dappsが世の中に普及していけば、時期にこの問題は解消されることでしょう。

Dappsの活用事例

課題があるとはいえ、Dappsの将来性は抜群です。

ブロックチェーン技術を活用するDappsは汎用性が高く、多くの分野で利用されています。

以下にDappsの活用事例をご紹介しましょう。

ビットコイン

最初に紹介するのは、皆大好きビットコイン。

分散型台帳技術が使われ、プロトコルがオープンソースとなっているビットコインの仕組みはDappsの定義に該当します。

最初にブロックチェーン技術を用いて作られたということもあり、Dappsの歴史においても重要な仮想通貨と言えます。

イーサエモン

イーサエモンとは、イーサリアム状に構築されたブロックチェーンゲームのことです。

イーサエモンがこれまでのゲームとわかりやすく違う点は、育てたモンスターをゲーム内で売買出来る点とバトルに勝利すると、報酬としてEMONTという仮想通貨を貰える点です。

ゲームをすることでお金稼ぎが出来るなんて、未来的ですね。

Steemit

Steemitとは記事投稿サービスのことです。

Steemitの特徴は、記事投稿による収益が広告収入に寄らない点です。

Steemitは、ブロックチェーン技術を活用することで、広告ではなく、ユーザーが記事を評価することで、報酬としてSteemitのトークンが支払われることになります。

広告収入に依存しない新しい記事投稿サービス。
それがSteemitです。

Augur

Augurとは、一言で言うと分散型の未来予測市場となります。

オブラートを何枚も重ねて書いてありますが、未来予測市場とは、ようするにギャンブル市場のことです。

オペレーションが自動で行われる胴元のいないプラットフォームのため、公正なギャンブルを行えるのが特徴的なDappsになります。

Kyber.Network

Kyber.Networkでは、仮想通貨の分散型取引所を提供しています。

コインチェックなどの中央集権型の取引所では、ハッキングに遭った際に預けた仮想通貨が盗まれるリスクがあります。

ですがKyber.Networkの分散型取引所では個人のウォレットとダイレクトに取引が出来るため、取引所ハッキングによる仮想通貨の盗難リスクを低くします。

Kyber.Networkは顧客の資産を安全に守るために生まれた新しい仮想通貨取引所というわけです。

Dappsの将来性と展望

ここで紹介した事例のようにDappsは様々な分野に利用出来ることから高い将来性を秘めています。

DappsのVCファンドの最高責任者であるDavid Johnston氏は、分散型アプリケーションの透明性や柔軟性、ユーザーベースやネットワークを高く評価し、世界最大級のソフトウェア企業を凌駕するだろうという見解を述べています。

まだまだ課題はありますが、Dappsの非中央集権性が世界をアップデートし、より良い社会になることを期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

三度の飯より物語が好き! シナリオ制作・小説執筆などを自主的に行なっています。 ブログには自主制作の小説・シナリオ、その他書籍の感想などの記事を書いていくつもりです。